activities

教員の原著論文リストはこちら

書籍

常設講義・演習・実習(鈴木)

    • 大学院科目「生物圏機能論」「陸域生態論」(主担当),「陸域自然環境論」「陸域自然環境論」「自然環境学概論」(2013-2018),「自然環境学実習」「陸域生態学実習」「自然環境学野外総合実習」ほか演習各種
    • 学部科目「植物生態学」「自然環境学汎論」
    • 教養科目「総合科目 生物多様性と保全」「全学体験ゼミナール 野生動物の保護管理」

修士論文

  • 松山紘之「シカがマダニ科チマダニ属の密度へ及ぼす直接効果と間接効果」(2019年3月)
  • 原田憲佑「ニホンジカの影響の履歴効果―下層植生の経年変化と土壌物理性への影響からの検証―」(2018年3月)
  • 上村兼輔「日本におけるザリガニの影響 水カビ病の感染状況」(2018年3月)
  • 髙木豊大「旧薪炭林における伐採と防鹿柵の設置が植物の成長と防御に与える影響」(2018年3月)
  • 佐藤司郎「丹沢山地におけるシカの増加がオサムシ科甲虫に及ぼす間接的影響」(2017年3月)
  • 菅原幸恵「千葉県柏市における都市近郊林を取り巻く管理団体と地域住民の意識調査」(2017年3月)
  • 小南優「都市的環境における中型食肉目2種の生息地利用特性」(2016年3月)
  • 小築ひかる「『見沼田圃』における地表性甲虫類の現状ー分布を規定する要因と土地利用の関係-」(2015年3月)
  • 藤森雄大「シカの採食が多栄養段階の昆虫群集に及ぼす影響」(2014年3月)

学会発表 (2013~)

*2020年3-4月期の学会は中止ですが発表業績は公認されています。

  • 松山「シカの排除がマダニ類へ及ぼす影響 ーシカ密度を操作した野外実験による検証」(受賞講演) 第72回日本衛生動物学会大会 (2020年4月,東京)*
  • 鈴木・ 梅木・Orman・柴田・田中・飯田・中静・正木「樹木が安定的に繁殖し始めると高さ成長への資源配分は低下する」日本生態学会第67回大会(2019年3月,名古屋)*
  • 松山・鈴木「マダニ類におけるリケッチア属細菌の保有率は吸血対象のシカ個体数に依存するのか?」日本生態学会第67回大会(2020年3月,名古屋)*
  • 松山,岡田,揚妻,鈴木「シカ排除がチマダニ属の密度へ及ぼす影響-シカ密 度操作実験による検証 -」日本衛生動物学会第71回大会(2019年4月,山口市)
  • 松山,揚妻,岡田,鈴木「シカの高密度化はマダニを減らす ?-生態系エンジニアと外部寄生者が形成する相互作用 -」 日本生態学会第66回大会(2019年3月,神戸)
  • 松山,岡田,揚妻,鈴木「 シカ排除がマダニ群集へ及ぼす影響 」日本衛生動物学会第70回大会 (2018年5月,帯広市)
  • 鈴木,楠本,高木,久本「シカ過密地域の二次林をどうするか?〜10年の実験結果から〜」日本森林学会第129回大会(2018年3月,高知)
  • 上村, 川井「日本におけるザリガニの疫病 水カビ病の感染状況調査」日本生態学会第65大会(2018年3月,札幌)
  • 原田,鈴木「シカの影響の履歴効果 ―下層植生への反応と土壌物理性からの検証―」日本生態学会第65大会(2018年3月, 札幌)
  • 髙木,楠本,鈴木「放棄二次林における伐採とシカ柵の設置が植物の機能群特性に与える影響」日本生態学会第65大会(2018年3月,札幌)
  • 鈴木,髙木,三次,軽込,藤平,久本, 楠本「シカは二次遷移を止めるか?―二次林伐採+シカ柵実験の8年間の軌跡から― 」日本生態学会第64大会(2018年3月, 札幌)
  • Suzuki, Takagi & Kusumoto “Gap creation in post-coppice woodlands may increase both resilience and resistance of plant species against ungulate herbivory: an analysis based on life-history strategy theories” IUFRO 125th Anniversary Congress 2017 (Sep 2017, Freiburg)
  • 髙木,鈴木,楠本「旧薪炭林におけるシカの採食圧と林冠木の伐採が不嗜好性植物の成長と防御に与える影響」日本生態学会第65大会(2017年3月, 東京:ポスター)
  • 原田,鈴木「シカの影響による下層植生の経年変化と土壌物理性劣化の評価」日本生態学会第64大会(2017年3月, 東京:ポスター)
  • 鈴木,香川「個体数密度と土地利用から農業被害を予測する:房総半島のニホンジカとイノシシにおけるケーススタディ」日本生態学会第63回大会・企画集会「不確実性下の哺乳類管理:管理施策の選択とその課題」(2016年3月,仙台)
  • Kominami “Ecology of Wild Middle-sized Mammals in Kashiwa City” 5th International Wildlife Management Congress (July 2015, Sapporo: poster)
  • 鈴木,Orman,正木「耐陰性の等しい樹種間における葉層分割」日本生態学会第62回大会(2015年3月, 鹿児島:ポスター)
  • Orman, 鈴木 “To what extent do understory plants have an effect on tree regeneration? A study from mixed beech forests” 2015年3月, 鹿児島:ポスター)
  • Orman, Suzuki, Kohyama “Natural regeneration in gaps and under forest canopy in mixed beech forests”  日本生態学会第61回大会(2014年3月, 広島:口頭)
  • 藤森・鈴木「広葉樹二次林においてシカが昆虫群集に与える影響」日本生態学会第61回大会(2014年3月, 広島: ポスター)
  • Suzuki, Itoh, Mitsugi & Tsukagoshi “Interactive impacts of over-shading and herbivory on aboveground and belowground ecosystems of abandoned woodlands” INTECOL 2013 (Aug 2013, London: poster)
  • 藤森・鈴木 “Impacts of browsing by sika deer on the insect community of post-cutting coppice woodlands” 日本生態学会第60回全国大会(2013年3月、静岡:ポスター)
  • 鈴木・伊藤・三次・塚越「伐採とシカの採食が薪炭二次林のリター分解過程に及ぼす影響」日本生態学会第60回全国大会 (2013年3月、静岡:ポスター)

NENV, GSFS, U-Tokyo