what we study

juhihagi  hiratsuka  soilfauna

人間の社会構造の変容とともに,歴史的に培われてきた人と生態系との関係は劇的に変化し,生物多様性の喪失や生態系サービスの低下を招いてきました.

これらの問題を解消するため,当研究室では観測的手法による問題の発見と実験的手法による仮説の検証を両輪とし,主に以下のようなテーマに取り組んでいます.

森林生物資源・森林生態系の持続的利用に関する研究

  • 野生ニホンジカによる森林生態系への影響評価,生態系機能を修復する方法の開発
  •   択伐施業による天然林動態への影響の評価

また,自然と上手に付き合うには,自然のメカニズムをより深く理解することが不可欠という考えから,基礎的な生態学の研究もしています.

群集の形成と変化を司る決定論的・確率論的なメカニズムの理解

樹木個体が枝葉の半自律的な振る舞いを通じて発達・維持されるメカニズムを理解するための基礎的研究

これらの研究の詳しい内容については,今後解説を追加していく予定…(多分)
早く知りたい方は研究室にコンタクトしてみてください.

NENV, GSFS, U-Tokyo