新作情報

2017年度修了生の原田さんの修論が Forest Ecology and Management 誌に出ました。

Kensuke Harada, Jeffery Ang Meng Ann & Maki Suzuki (2020)
Legacy effects of sika deer overpopulation on ground vegetation and soil physical properties. Forest Ecology and Management 474: 118346

2005 年に,シカの密度と植生の状態との関係を調べるため,房総半島南部で広域・多点の植生調査を行いました(約70か所)。それから11年経過した 2016 年にもう一度同じ場所を植生調査して,変化を追跡した論文です。単純そうだけど意外とない種類のデータです。いくつかの調査地は,2016年にはすでに林道崩壊などで到達できなくなっていました。。本当に大変だった。

2016 年の植生量は 2005 年に比べて増えてはおらず,むしろ減少していました。これは,シカの生息密度が増えたためではありません。房総半島ではシカの捕獲が精力的に行われていて,一部の地域では2005年から2016年までの間に,シカの生息密度が減少しています。それらの地域においても,失われた植生は回復せず,乏しいままで推移したのです。

私たちは,過去に生態系が受けたダメージが,シカが減った後も長いあいだ残っているのだと考えています(履歴効果 legacy effect)。房総の森林(閉鎖林冠下)では,少なくとも11年は過去のダメージが残っているようです。

このことは,保全計画を考えるうえで重要です。影響が時間とともに累積していき,システムに長く遺留するのだとしたら,対策を開始する早さによって保全の成否が変わってくるからです。

原田さんは,調査地の土壌の物理的な状態(孔隙率・緊密度)も調べています。一般に,シカが増えて植生が減ると表土が硬く締まってしまう傾向があり,これが植物の回復を阻害するのではと言われています。今回の研究でもそのような効果がみられましたが,一方で,土壌の劣化によって植物が増えにくくなるような効果は,統計的には検出されませんでした。履歴効果の「正体」が何なのか(なぜ減った植物が回復しないのか)については,まだ謎が多いです。

紙の雑誌には10月くらいに出るらしいです。

進学をお考えの方へ

5月に予定されていた入試説明会は中止になり,現在は環境棟の見学もできない状況ですが,入試は実施されます。

本研究室への進学についてのご相談は引き続きメールで受け付けております。オンライン面接のご案内もしますので,お問い合わせください。

専攻の入試等の最新情報はこちら。※今後情報が更新されますので受験予定の方は時々ご覧ください

ESJ67中止

明日から名古屋で開催予定でした日本生態学会第67回大会はCOVID-19拡大予防のため中止となってしまいました。

本研究室で予定していた口頭発表2件(L01-01, E01-09)は,要旨のみwebからお読みいただけます(要旨登録・参加費払い込みが完了していたため,大会キャンセルポリシーにより,発表したことになるそうです)。

「残念」では言い表せないほど残念ですが,大会の準備・運営に当たられた方々の無念を思うと言葉もありません。

なお今回の問題を受けて,PNAS にこんな opinion が出ています。人獣共通感染症の流行には野生動物の生息地破壊が関与しているとされます。SDGs では食料生産など他の目標が重視されがちで,生態系保全ははっきり言って後回しですが,それでは「大変なことになりますよ!(はに丸ジャーナル)」という話。。

昨年の台風に引き続き,だいぶ踏んだり蹴ったり感ですが,森林生態系の保全に少しでも役立つよう引き続きがんばります。

本のおわび

「人と生態系のダイナミクス 2 森林の歴史と未来」の3章 p.102 で,なんとササが低木だと書いてあります。もちろんササは木ではありません。推敲過程で事故が起こった模様です。

また p.151 の保安林の面積率も一桁間違っています。4.8%→48%です(←読めば分かりますが)

お買い上げ下さった方申し訳ありません。。ご容赦ください。

「がちょーん」は死語ですが他に表現しようのない感情です。がちょーん。

オープンラボ(2/13)

2/13 に専攻のオープンラボ(研究室見学会)が実施されますが,就活のインターン等と違い,単なる見学会です。参加してもしなくても入試の合否には一切関係ありません。特に,既に見学に来られた方はもう来なくて結構です。

来年の入試説明会は5月です。オープンラボでなくても,見学は随時受け付けています。

NENV, GSFS, U-Tokyo