シカが減ればマダニはすぐ減るのか?

一般公開中の10/25に,D1松山君の原著論文が公開になりました。

松山・揚妻・岡田・鈴木 (2019) シカの排除がマダニ類へ及ぼす影響 ̶シカ密度を操作した野外実験による検証̶.衛生動物 70:153-158.

※「衛生動物」は日本衛生動物学会の学会誌です。

ニホンジカやイノシシなどの動物が増えるとマダニが増える,と一般には考えられています。それでは,これらの動物が減れば,マダニはすぐに減るのでしょうか?

マダニは様々な野生動物から吸血することが可能です。たった1種類の動物が減っただけで,本当にマダニは減るのでしょうか。それとも,すべての野生動物を絶滅させでもしなければ,マダニは減らないのでしょうか。

この問いに答えるため,松山君は,北大・苫小牧研究林のニホンジカ密度管理実験区でマダニの密度変化を経年追跡しました。

確かに,長年シカが高密度で生息していた実験区では,マダニの密度も高く,10年以上シカがいなかった実験区では,マダニの密度も低く抑えられていました。ただし,シカを何年も高密度で飼った後で追い出した実験区では,シカがいなくなって3年後にようやくマダニの密度が減ってきました。

こんな複雑な結果をもたらした原因は,マダニの変わった生活環にあるようです。マダニはゲームのキャラクターみたいな生き物でして,吸血に成功する度に次のレベルへ移行し,利用できる宿主が変わる…と,詳しくは原著論文をご覧ください。

個体群生態学的にネタ満載の生物であるのにも関わらず,日本では,野外での生活史や個体群動態に関する先行研究が乏しいようです。松山君の今後の研究が期待されます。

あ,ちなみにこの記事では簡単のため「マダニ」とか言ってますが,マダニ属とチマダニ属の多数の種の総称(俗称)です。それぞれの種類が異なる宿主を好み, 別の病原体を運ぶとも言われます。病気の予防に役立てるには,それぞれの生物の動態について,さらに詳しい研究が必要です。

今週末 一般公開です

今週末いよいよ柏キャンパスの一般公開が行われます。

今年も本研究室は,環境棟(青緑の建物)5Fで展示や掲示を行います!骨キッズ再集合!

ただ,今年は自然環境が環境系全体のお当番なので,環境棟全体のお世話係も兼ねます。研究室メンバーには,5Fの骨展示か,1F全体受付で会えます。

今年から 5F に「自然環境学専攻 進学相談ブース」が設置されます。研究室や実習の紹介展示があり,相談係の院生さんがスタンバイします。見るだけ無料…というか全部無料,ですので偵察だけでもどうぞご利用ください。

研究室分属説明会します(10/4)

奈良研・鈴木研では本年度から,本学の森林科学科生の卒論指導が可能になりました。

分属説明会 … 10/4 5限 @農学部1号館第6講義室

最初みじかく研究内容などを説明したのち,ダラダラと個別のご相談にのります。森林科学科生の皆さんお気軽にお立ち寄りください。

MSJ 発表情報

来週の日本哺乳類学会 (MSJ) で研究室メンバーが発表します。

  • 9/16 9: 30~11:30 自由集会F-5「マダニ類が媒介する人獣共通感染症対策」にて「 ニホンジカの密度操作によるマダニ類の個体数への影響」(松山・土井・揚妻・鈴木)
  • 9/16 P-064 「ブルネイ・ダルサラーム国ウルべライトのミネラルリックにおける野生生物の多様性」 (Jeff Ang)
  • 9/17 P-078「富山県産イノシシにおける採食生態と歯のマイクロウェアの関係」(宮本・久保・横畑・張・安田)

また久保先生は9/17の「公開シンポジウムII ・進化哺乳類学の最前線II~新生代哺乳類の進化における多様性の段階的激化:鯨偶蹄類を例に ~ 」で「偶蹄類の生態的分化と形態的刷新」という講演をされます。これは学会員以外でも来場できます。(英語だそうですが…)

ご来場予定の皆様,お運びのほど,よろしくお願いいたします。

新規書誌情報2件

植物生態学の研究が2件オンラインになりました。いづれも「特に役には立たないが,すごくおもしろい」を狙ったものです。

Suzuki M et al. “When and why do trees begin to decrease their resource allocation to apical growth? The importance of the reproductive onset.” Oecologia (Online first)

↑樹木の高さと直径の対応関係は,半世紀以上も飽和型曲線を用いて分析されてきました。しかし,よく調べてみると 閾値変化を示している(曲線でなく折れ線になっている) 樹種が多数あることが分かりました。しかもその屈曲点の樹高は,樹木が安定的に繁殖を始めるサイズに対応するようなのです…。続きは本文をご覧ください。(別刷りPDFあります。)

日本生態学会誌69巻2号 「特集・つる植物の多様な生態と多様な研究」ぜひご覧ください。理学部の種子田さんや森林総研の森さん・日大の井上さんと企画した,ただ純粋に面白いだけ(このご時世に。)の特集です。面白いですよ~。

NENV, GSFS, U-Tokyo